高血圧の検査方法

高血圧のすべて!症状と治療法がわかる

高血圧の検査方法

スポンサードリンク

.

まずは問診から

問診

高血圧の検査方法も他の病気と同様、まずは問診から始まります。特に高血圧の治療においては、問診は大切です。現在の体の状態や自覚症状について、今までの病歴、腎炎や腎盂縁、糖尿病や心臓病などの病歴は今後の検査方法や治療方法に関わってきます。また家族歴も高血圧の原因を見つけるためには重要な情報です。さらに、たばこやお酒の量、食生活について、仕事やストレスなどについても正確に医師に伝えなければなりません。医師が患者さんの情報を多く、正確に把握することが、今後の高血圧の検査方法やその人に合った治療方法を見つけることにつながっていきます。問診は高血圧の重要な検査方法の第一歩です。


ページのトップへ ▲

合併症を調べる検査方法

血液検査

高血圧の一般的な検査方法は、血液検査、尿検査、眼底検査、心電図検査、胸部X線検査があります。血液検査は血液の中の成分や物質によって高血圧の状態や合併症があるかどうかを調べる検査方法です。尿検査は腎臓の状態を調べる検査方法、眼底検査は血管の状態により動脈硬化の進み具合や合併症の有無などを調べる検査方法、また、心電図は、不整脈や心肥大、心筋梗塞や狭心症などの病気を調べる検査方法、さらに胸部X線検査においては、心臓の大きさや形、位置を調べる検査方法によって、高血圧と関わりの深い心不全や胸部大動脈瘤などを検査します。


ページのトップへ ▲

さらに詳しく高血圧を調べる検査方法

CT検査

一般的な検査で異常が見つかった場合は、次の検査方法で高血圧の状態をさらに詳しく調べます。CT検査では脳出血や心臓、大動脈の異常、心臓の血管なども調べることができます。心臓や腎臓の状態をリアルタイムで見ることができる検査方法が超音波検査、狭心症や心筋梗塞の診断のための検査方法は心筋シンチグラフィー、さらに、心臓内の圧力を調べる検査方法は血管造営検査、腎臓内の状態を調べる腎盂造営検査、CTよりも詳しく臓器や血管の状態を把握できるMRIやMRAなどの精密検査をして、体の状態をすみずみまで検査します。こういった詳しい検査で、高血圧の状態や合併症の状態などを調べていきます。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 高血圧-ホーム | どんな症状? | 高血圧で起こる病気とは? | 血圧の高さは? | 平常値・基準値 | 原因は何? | 高血圧と肥満の関係 | 治療法は? | 薬の種類・効果・副作用は? | 食事療法と運動療法 | 血圧を上げないための日常生活とは? | 子供にも起こる高血圧症の原因は? | 高齢者の治療法 | 検査方法 | 高血圧を下げるツボとは? | 有名な病院を教えて! | 合併症とは? | 高血圧と妊娠高血圧症候群の関係 | 低血圧の症状と治療法 | 白衣高血圧と仮面高血圧 | 治療の体験談 |

Copyright (C) 高血圧のすべて!症状と治療法がわかる All Rights Reserved.