白衣高血圧と仮面高血圧

高血圧のすべて!症状と治療法がわかる

白衣高血圧と仮面高血圧

スポンサードリンク

.

家と病院で血圧の数値が違う?

血圧測定

血圧は精神的なもの、緊張感やストレスなどによって数値が変わります。家庭で血圧を測定すると正常なのに、病院などで血圧測定をすると血圧が高くなるという場合があります。これを白衣高血圧と呼んでいます。白衣高血圧は看護師さんや医師の白衣を見ただけで緊張してしまうこと、恐ろしい病名を告げられるのではないかと心配してしまうと、その緊張で血圧が一時的に上昇してしまうのが白衣高血圧です。軽い高血圧の人の2〜3割が白衣高血圧ともいわれています。しかし、それでは正常な血圧の数値が測定できないので、家庭用血圧計などで24時間血圧を測り、医療機関で測定した血圧を比較することで正確な血圧を知ることが必要です。


ページのトップへ ▲

白衣高血圧と逆なのが仮面高血圧

白衣高血圧と全く逆のケースで仮面高血圧と呼ばれるものがあります。仮面高血圧は、健康診断など医療機関で血圧を測定すると血圧が普段より低くなる状態のことです。例えば、仮面高血圧は普段仕事に追われている場合、健康診断などで仕事を離れてリラックスした状態で血圧を測ると通常よりも低い数値が出ることがあります。また、たばこをたくさん吸う人が健康診断のときは喫煙していないため、一時的に血圧が下がっている場合もあります。これも仮面高血圧です。仮面高血圧の場合も家庭で血圧を測定し、普段の血圧を把握しておくことが大切です。


ページのトップへ ▲

白衣高血圧より仮面高血圧は危険?

医師に相談

白衣高血圧のように医療機関での血圧が高くなる分には注意ができますが、仮面高血圧で高血圧が発見されないままでいると、腎臓障害や臓器障害が進行してしまいます。特に仮面高血圧の中でも早朝に血圧が高くなる早朝高血圧は危険です。早朝高血圧は心筋梗塞や脳卒中を起こしやすいといわれています。家庭用血圧計で朝と夜に血圧を測ってみてください。早朝高血圧かどうかが分かります。早朝高血圧だった場合は、医師に相談して適切な治療を受けることが大切です。仮面高血圧や白衣高血圧からみても分かるように、血圧は1日のうちに変動したり、精神的な要素で変動したりします。1度測定した結果で安心したり、不安になり過ぎないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 高血圧-ホーム | どんな症状? | 高血圧で起こる病気とは? | 血圧の高さは? | 平常値・基準値 | 原因は何? | 高血圧と肥満の関係 | 治療法は? | 薬の種類・効果・副作用は? | 食事療法と運動療法 | 血圧を上げないための日常生活とは? | 子供にも起こる高血圧症の原因は? | 高齢者の治療法 | 検査方法 | 高血圧を下げるツボとは? | 有名な病院を教えて! | 合併症とは? | 高血圧と妊娠高血圧症候群の関係 | 低血圧の症状と治療法 | 白衣高血圧と仮面高血圧 | 治療の体験談 |

Copyright (C) 高血圧のすべて!症状と治療法がわかる All Rights Reserved.