高齢者の高血圧治療法

高血圧のすべて!症状と治療法がわかる

高齢者の高血圧治療法

スポンサードリンク

.

血圧を急上昇させないことが治療法

高齢者

高齢者になると高血圧になる人が多くなります。その原因は、血管の老化により動脈硬化が起こりやすくなり、心臓や腎臓などの働きも低下するからです。高齢者になると、血液を脳に送るために、ある程度の血圧が必要になります。血圧を下げすぎると、めまいや立ちくらみなどを起こしやすくなり、脳の血液の流れも悪くなり脳梗塞などを起こしやすくなります。高齢者の場合、上の血圧だけが高くなることも多く、変動しやすいのが特徴。それを考慮し、高齢者の高血圧治療法は、急激な動作、温度差の激しい状況など、血圧が急激に変化することを避けることが大切です。何事も、徐々に、ゆっくり、を心がけて生活することが高齢者の高血圧治療法では必要です。


ページのトップへ ▲

食塩感受性高血圧が多い高齢者

薬

高齢者の高血圧治療法においても塩分のコントロールにおける治療法は重要です。特に高齢者は塩分にすぐ反応する食塩感受性高血圧の場合が多いため、塩分コントロールの高血圧治療法は必要です。健康を損ないがちな高齢者の場合、健康に気を遣う人も多く生活習慣の改善における高血圧治療法が効果的であるといわれることもありますが、逆に、長年の生活習慣を修正することが簡単ではない場合も少なくありません。その場合は、生活習慣の改善における高血圧治療法にこだわらず、薬を使用した高血圧治療法を選択することが望ましいこともあります。特に高齢者の場合、個体差が大きくなるので、その人に適した高血圧治療法の選択が必要です。


ページのトップへ ▲

寝たきりは高血圧を悪化させる?

寝たきり

人間の体は無重力状態に慣れてしまうと、血圧を一定に保とうとする機能である血圧調節反射が低下してしまいます。さらに、無重力状態が続くと、骨を形成するハイドロキシアパタイトの主成分であるカルシウムとリンが排泄されてしまい、骨ももろくなります。高齢者の寝たきり状態は、この無重力状態と同じといえます。重力に抵抗して立って歩くことなど、日常生活を生きることが血管や心臓を強くします。寝たきりになってしまうと、それらの機能も低下するのです。寝たきりにならないためには、丈夫な体づくりが大切。あおれが高血圧治療法にもつながります。高齢者になっても、無理のない程度の運動やたんぱく質やカルシウムを摂取するなど、生活習慣に気を配ることが高血圧治療法になるのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 高血圧-ホーム | どんな症状? | 高血圧で起こる病気とは? | 血圧の高さは? | 平常値・基準値 | 原因は何? | 高血圧と肥満の関係 | 治療法は? | 薬の種類・効果・副作用は? | 食事療法と運動療法 | 血圧を上げないための日常生活とは? | 子供にも起こる高血圧症の原因は? | 高齢者の治療法 | 検査方法 | 高血圧を下げるツボとは? | 有名な病院を教えて! | 合併症とは? | 高血圧と妊娠高血圧症候群の関係 | 低血圧の症状と治療法 | 白衣高血圧と仮面高血圧 | 治療の体験談 |

Copyright (C) 高血圧のすべて!症状と治療法がわかる All Rights Reserved.