血圧を上げないための日常生活とは?

高血圧のすべて!症状と治療法がわかる

血圧を上げないための日常生活とは?

スポンサードリンク

.

急激な気温の変化を避ける

冷房

血圧を上げないためには、食事療法や運動療法などの生活習慣を変えることも必要ですが、日常生活の中での注意も必要です。例えば、冬場、暖房のきいた暖かい部屋から寒い外に出るとき、血圧はその気温の変化を受け、上がることがあるのです。夏場の冷房のきいた部屋から暑い外に出るときも同じです。温度差により、血圧が上がるのです。血圧を上げないためには、寒い場所に出るときには上着をはおる、冷房の調整をして、温度差をつくらない、といったことを日常生活の中で注意しましょう。


ページのトップへ ▲

血圧を上げないお風呂の入り方

お風呂

日常生活の中でお風呂は欠かせないものですね。入浴は血管を拡張し、血行がよくなり血圧を下げるともいわれています。しかし、暖房のきいた部屋から寒い脱衣所、さらに熱いお湯に入ることで血圧は上がってしまうというリスクもあります。日常生活の中の重要なお風呂の入り方において、血圧を上げないためには次のような点に注意しましょう。まず、浴室と脱衣所を温めてから入浴するようにしましょう。温度差をつくらないことが、血圧を上げないためには大切です。お湯の温度は38〜41℃が適温。お湯が熱すぎると血圧を上げてしまいます。血圧を上げないためには、適温のお湯につかり、長湯をしないことです。長湯は体力を消耗し、心臓に負担をかけてしまいます。血圧を上げないためにも、半身浴で20分程度を目安に入浴しましょう。


ページのトップへ ▲

日常生活においてはリラックス

適度な運動

日常生活の中では、仕事や家庭でのイライラ、不安や心配ごとなどのストレスがたまりますね。ストレスからくる緊張は血圧を上げる要因となります。日常生活において血圧を上げないためにも、ストレスを発散しリラックスすることが重要です。趣味や熱中できるものを見つけたり、飲みすぎなければ適度なアルコールもいいでしょう。イライラを鎮めるためにも深呼吸をしたり、楽しみをつくったり、また、十分な睡眠をとることも、日常生活の中で血圧を上げないためにも大切なこと。適度な運動をすることも、ストレス解消になり、血圧を上げない方法の一つです。日常生活の中で、リラックスすることは血圧をあげないためにはとても重要なことです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 高血圧-ホーム | どんな症状? | 高血圧で起こる病気とは? | 血圧の高さは? | 平常値・基準値 | 原因は何? | 高血圧と肥満の関係 | 治療法は? | 薬の種類・効果・副作用は? | 食事療法と運動療法 | 血圧を上げないための日常生活とは? | 子供にも起こる高血圧症の原因は? | 高齢者の治療法 | 検査方法 | 高血圧を下げるツボとは? | 有名な病院を教えて! | 合併症とは? | 高血圧と妊娠高血圧症候群の関係 | 低血圧の症状と治療法 | 白衣高血圧と仮面高血圧 | 治療の体験談 |

Copyright (C) 高血圧のすべて!症状と治療法がわかる All Rights Reserved.