低血圧の症状と治療法

高血圧のすべて!症状と治療法がわかる

低血圧の症状と治療法

スポンサードリンク

.

低血圧の症状はつらい?

無気力になる

高血圧は重度になると様々な合併症を引き起こし、命に関わる原因となるといわれ、その症状に対する注意や治療法などもいろいろいわれています。一方、低血圧は高血圧に比べて危険な病気の原因となるわけでもなく、治療法なども少なく、注目度は低いですね。しかし、低血圧にも症状があります。体がだるい、無気力になる、倦怠感が続く、食が細いなどの症状は日常生活を送るうえで、かなりきついこともあります。ただし、どんなに症状がつらくても、低血圧は基本的には大きな病気を引き起こすことがないため、病気とは認識されていないのが現状です。それでも、低血圧の人にとってはめまいやだるさなどの症状はつらいもの。低血圧を解消して快適な生活を送りたいですね。


ページのトップへ ▲

低血圧の基準は?

低血圧

一般的に低血圧と判断される基準は収縮期血圧が100〜110mmHg以下の場合です。拡張期血圧については60mmHg以下とされていることが多いですが、高血圧と異なり拡張期血圧については重点が置かれていないようです。このように基準はあるものの、低血圧の数値が出ていても、めまいやだるさなどの症状がない限り、低血圧とは診断されない場合もあります。低血圧自体が命の危機に関わるような病気を引き起こすことはないとされていますが、めまいや立ちくらみ、頭痛、頻脈などの症状のほかに時には失神を起こすことも。不安感や不眠、食欲不振といった症状もあります。また。急に立ち上がったときや自律神経による血圧の調整がうまくいかなかった場合、低血圧を生じることがあり、このような症状の低血圧を起立性低血圧症といいます。


ページのトップへ ▲

低血圧の治療法は?

薬

低血圧の症状がみられた場合、治療法としては血圧を上げる薬やステロイド薬による治療法が行われます。精神的な症状に対しては抗不安薬や自律神経を調整する薬などの処方による治療法がとられます。低血圧は日常生活が不規則になっていることが原因で起こることもあります。早寝早起き、栄養バランスのとれた食生活など日常生活の改善を図ることが治療法になります。ストレスをためない、リラックスすることも低血圧の大切な治療法です。また、心臓疾患や内分泌系器官疾患や自律神経失調症といった病気が原因となって低血圧が引き起こされることもあります。治療法としては原因となっている病気の改善を図ることが低血圧の治療法になります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 高血圧-ホーム | どんな症状? | 高血圧で起こる病気とは? | 血圧の高さは? | 平常値・基準値 | 原因は何? | 高血圧と肥満の関係 | 治療法は? | 薬の種類・効果・副作用は? | 食事療法と運動療法 | 血圧を上げないための日常生活とは? | 子供にも起こる高血圧症の原因は? | 高齢者の治療法 | 検査方法 | 高血圧を下げるツボとは? | 有名な病院を教えて! | 合併症とは? | 高血圧と妊娠高血圧症候群の関係 | 低血圧の症状と治療法 | 白衣高血圧と仮面高血圧 | 治療の体験談 |

Copyright (C) 高血圧のすべて!症状と治療法がわかる All Rights Reserved.