高血圧の治療法は?

高血圧のすべて!症状と治療法がわかる

高血圧の治療法は?

スポンサードリンク

.

高血圧の治療法は何から始まる?

治療法

数回の測定により上の血圧が140mmHg、あるいは下の血圧が90mmHgを超えた場合、高血圧を診断され治療が始まります。高血圧の治療法の目的は、高血圧が続くことによって臓器障害や心筋梗塞、脳梗塞などの病気を予防することです。高血圧の治療法は薬などをはじめ生活習慣の見直しなどの治療法が始まるのですが、その前に高血圧の他の危険因子ないかを調べることから始まります。高血圧が悪化することで、様々な病気をもたらす危険因子には喫煙や肥満、糖尿病、脂質代謝異常、年齢などがあります。これらの危険因子や、すでに発症している病気の程度によって、今後の治療法が決まります。


ページのトップへ ▲

高血圧の治療法で大切なこと

降圧薬

高血圧の治療法は主に降圧薬を使っての治療法になりますが、併せて生活習慣の改善が大切な治療法になってきます。高血圧の治療法は、血圧の数値や危険因子によって変わります。血圧の上が130〜139mmHgで、下が80〜89mmHgであっても糖尿病や腎疾患などの危険因子を持つ場合は、降圧薬を用いての治療法がとられます。高血圧と診断されても危険因子がない場合は、最初に生活習慣の改善を行い、それでも血圧が140/90mmHg以上ある場合は降圧薬による治療法を行うことが多いです。血圧が180/110以上の重症高血圧の場合は、すぐに降圧薬治療法が行われます。


ページのトップへ ▲

高血圧の治療を怠るとどうなる?

食生活

高血圧の治療を怠ると、糖尿病や脂質異常などの生活習慣病を起こす危険性が高まります。生活習慣病を伴うと、動脈硬化が促進され心筋梗塞や脳梗塞などの命の危機にかかわる病気を起こしやすくなるのです。特に最近増加している糖尿病には注意が必要です。糖尿病を合併した高血圧は血管障害が進行しやすくなります。治療法は生活習慣の改善と降圧薬にいる治療法が行われますが、糖尿病を伴う高血圧は血圧が下がりにくいとされています。この場合、数種類の薬を使用した治療法が行われます。糖尿病も高血圧と同じく、食べすぎと運動不足が大きくかかわります。生活習慣の改善と食生活の改善という治療法で、高血圧も糖尿病も改善することができるのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 高血圧-ホーム | どんな症状? | 高血圧で起こる病気とは? | 血圧の高さは? | 平常値・基準値 | 原因は何? | 高血圧と肥満の関係 | 治療法は? | 薬の種類・効果・副作用は? | 食事療法と運動療法 | 血圧を上げないための日常生活とは? | 子供にも起こる高血圧症の原因は? | 高齢者の治療法 | 検査方法 | 高血圧を下げるツボとは? | 有名な病院を教えて! | 合併症とは? | 高血圧と妊娠高血圧症候群の関係 | 低血圧の症状と治療法 | 白衣高血圧と仮面高血圧 | 治療の体験談 |

Copyright (C) 高血圧のすべて!症状と治療法がわかる All Rights Reserved.